About JAPPAAAN

常識を変える、オリジナル設計

 JAPPAAANはクライミングウォールのデザイン・建設、フロアマットの製造・施工まですべて自社で行っています。

【クライミングウォール】

 JAPPAAANのクライミングウォール(壁)は自社で製造した「ボリューム」と呼ばれる巨大ホールドを多用しています。従来の腕力と脚力中心で登る壁に比べ、よりからだ全体を使って登るものです。本来ボルダリングジムの目的である自然の岩を登る感覚により近く、創造性や遊び心が発揮される設計です。そのため、上級者と初心者、大人と子どもが同じ課題で一緒に楽しむ姿が多く見られます。
 また、ボリュームを使った課題は、近年ワールドカップなどで多く見られ世界の潮流となりつつあります。国内にはまだ少なく、JAPPAAANの作る壁は世界的に見ても先進的なものと自負しています。



【フロアマット】


 ボルダリング人気の高まりと比例して、ジムや岩場での事故も増えています。実は人を守るはずのマットが、むしろ事故を助長しているということが考えられます。
 多くのジムで高跳び用などと同じ柔らかいマットが使われています。しかし、このマットでは着地の際、足がマットに深く埋まってしまい、そのまま足や体をひねって倒れた場合、靭帯断裂などのけがをしやすいのです。
 また「落ちても大丈夫」という意識が柔らかいマットによって作られてしまい、自然の岩場で身を守る落ち方ができず、事故につながる危険性もあります。マットが適度な硬さを持っていることが、高さへの適切な恐怖心を失わせず、結果、クライマーの安全を守ることにつながるのです。

 JAPPAAANは落下の衝撃をしっかりと吸収しつつも足が埋まることのない硬さを保った独自のフロアマットを開発しました。驚くべき快適さと美しさを、ぜひご自身の足で味わってください。


お電話でのお問い合せはこちら
営業時間 月〜金10:00〜22:00/土・日10:00〜21:00〈年中無休〉

093-592-9678